スマートデバイス表示はこちら

音声で読み上げる  

釧路の概要

農業

写真:放牧
放牧

 管内の農業は、恵まれた草地基盤を生かした酪農が主体で、釧路農業全体の農業産出額のうち畜産部門が9 割以上を占めています。
 乳用牛は、約12万1,000頭が飼育され、年間約53.7万tの生乳が生産されており、肉用牛はホルスタイン種を中心に約3万6,000頭が飼育されています。
 近年では、全道でもトップクラスの乳質を生かし、管内の出荷乳量の2 割程度を高速貨物船「ほくれん丸」などにより毎日関東方面移出しています。また、地元向けの牛乳の生産や、アイスクリーム・チーズなどの乳製品加工・販売も盛んに行われています。
 耕種部門では内陸部で畑作(ばれいしょ、てんさい、そばなど)が行われているなか、野菜は冷涼な気候を生かして、大根やほうれん草、キャベツなどが栽培され、地場野菜として販売し好評を博しています。
 さらに、最近では都市と農村の交流を目指して、ファームインや農家レストランなどを営む農家も増えてきており、消費者にも直接、農業を体験し、理解してもらう場をつくりながら、魅力ある農業・農村づくりに取り組んでいます。