スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 児童相談室 >  里親制度P1


最終更新日:2014年11月17日(月)


里親制度P1


里親制度とは

里親の役割

里親の種類

里親になるためには

里親登録後は

更新研修

里親の委託をうけたとき

里親への支援

釧根地区里親会の取り組み

里親登録数 

 

里親制度とは 
 
 里親制度は、何らかの事情により家庭での養育が困難又は受けられなくなった子ども等に、温かい愛情と正しい理解を持った家庭環境の下での養育を提供する制度です。家庭での生活を通じて、子どもが成長する上で極めて重要な特定の大人との愛着関係の中で養育を行うことにより、子どもの健全な育成を図る有意義な制度です。
       
里親の役割
 
次のような効果を期待して里親家庭に委託しています。
  ○特定の大人との愛着関係の下で養育されることにより、自己の存在を受け入れられているという安心感の中で、自己肯定感を育むとともに、人との関係において不可欠な、基本的信頼感を獲得することができる。
  ○里親家庭において、適切な家庭生活を体験する中で、家族それぞれのライフサイクルにおけるありようを学び、将来、家庭生活を築く上でのモデルとすることが期待できる。 
  ○家庭生活の中で人との適切な関係の取り方を学んだり、身近な地域社会の中で、必要な社会性を養うとともに、豊かな生活経験を通じて生活技術を獲得することができる。  

里親の種類   
          

 

養育里親
保護者のいない子どもや虐待などの理由により保護者が養育することが適当でない子ども(要保護児童)を養育する里親。 
専門里親
虐待を受けた子どもや障害のある子どもなど、専門的な援助を必要とする子どもを養育する里親。3年以上里親の経験等が必要。
 
    
 
親族里親
要保護児童の扶養義務者及びその配偶者である親族であって、実親の死亡や入院などにより、子どもを養育することが出来ない場合の里親
 
養子縁組里親
養子縁組を希望する里親。
 

 

次へ >

  

 問い合わせ先 : 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1丁目4番32号
        釧路児童相談所 地域支援課 主査(里親推進)
        TEL 0154-92-3717