スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  ゴキブリかも


最終更新日:2013年10月02日(水)


ゴキブリかも


夜、台所に動きの素早いムシがたくさん・・・・・
 それは、チャバネゴキブリかも。成虫の体長は11~15mm。日本産ゴキブリの中では最も耐寒性がなく、-5℃に24時間さらすと死んでしまうと言われています。
 しかし、住宅の断熱性が良くなったこのごろでは、釧路地方でも暖房の完備した飲食店ビル、集合住宅、アパートなどで年間を通して発見されるようになりました。
<習性> 1 夜間に活動し、雑食性で人の食料はほとんど食べます。
2 低温に非常に弱い。
<潜伏場所> 1 昼間はガスレンジの下、流し台の下、食器棚の引出の中や電気冷蔵庫の裏など温度が高く、暗く、狭いすき間のような場所にじっと潜んでいます。

2 群を作って生息する習性があるので、潜伏場所付近は糞や排泄物で黒く汚れています。
<防除法> 1 夜間、ゴキブリのえさとなる残飯などを放置せず、台所の清潔、整頓に努めることが大切です。

2 薬局やホームセンターで売っているバイテックスやダイアジノンなどを含む有機リン系殺虫剤(乳剤)を水で2~10倍に薄めて、潜伏場所を確かめ、ゴキブリが這い回る場所に、ハケでぬる。

3 ハケの届かないところは、散布器で噴霧する。

4 1カ月ぐらい経ってから、卵からかえった幼虫を退治するためにもう一度処理する。

5 部屋を閉め切り煙霧器で散布する方法もある。

チャバネゴキブリの卵鞘

チャバネゴキブリ(拡大写真)
チャバネゴキブリ
チャバネゴキブリ(集団)