スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  こころの相談5


最終更新日:2006年2月19日(日)


こころの相談5


夫が給料のほとんどをギャンブルに使ってしまいます。病気でしょうか
 どのようなギャンブルかわかりませんが、競馬でもパチンコでも自分の小遣いの範囲で楽しんでいるうちはいいのですが、給料を使い果たしサラ金で借金を重ねたり、仕事が手につかなくなってしまった場合は、立派な「ギャンブル依存症」といえます。
 依存症には、アルコールや覚醒剤などの薬物におぼれる「物質依存」と、ギャンブルや買い物、仕事などの行為(プロセス)にのめりこむ「プロセス依存」とがあります。特に、プロセス依存はこのところ注目されている心の病気で、物質依存以上に本人の自覚がないのが特徴です。
 治療としては集団療法が有効といわれていますが、まだまだ専門機関が少ないのが現状です。また、自覚のない本人を治療の場に導入することも、困難な場合が多いようです。とにかく家族だけでもかまいませんので、一度保健所にご相談下さい。