スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  こころの相談9


最終更新日:2006年2月19日(日)


こころの相談9


仕事が長続きしないで家でぶらぶらして困ります

 どのようにぶらぶらしているのかわかりませんが、大きくは二通り考えられます。
 まず、精神病の人が何もせず(無為)に閉じこもっている(自閉)場合と、学校や社会から退却してくるいわゆ「引きこもり」の場合があります。精神病については、精神科での適切な治療が大切になります。問題は、引きこもりの場合です。
 引きこもる人の特徴として、自分に自信がなく、失敗はすべて他人や状況のせいにし、徹底的に現実を回避する傾向などが挙げられます。しかし、家族がそれを指摘すると、家庭内暴力につながることがあります。いずれにしても、子供の頃から忍耐力の乏しさや対人関係がうまくいかない傾向は認められたと思いますが、親は欲目、なかなか気がつかないものです。
 思い切って、単身生活をさせることも一法です。心配はありますが、親は子供より長生きはできませんし、成人になるまで面倒をみたのなら、親の役目は終了です。
 とにかく、自活の道を進ませることが大切です。もし、暴力がみられるようになった場合は、迷わず保健所にご相談下さい。