スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  肝炎Q&A 病原体・感染経路は?


最終更新日:2006年2月19日(日)


肝炎Q&A 病原体・感染経路は?


肝炎Q&A

病原体・感染経路は?
A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎
  A型肝炎ウイルス
  (hepatitis A virus,HAV)

経口感染
主にA型肝炎ウイルスに汚染された生水や食品、特に生の貝や魚などを食べることで感染します。
また感染者の便に混じってウイルスが排泄されますので二次感染にも注意が必要です。
  B型肝炎ウイルス
  (hepatitis B virus, HBV)

血液、だ液、精液などに含まれる。これらが経皮あるいは経粘膜的に体内に入って感染が成立する。母子間及び性交渉による感染が見られる。
HBs抗体を有する者はB型肝炎には感染しない。
C型肝炎ウイルス
(hepatitis C virus,HCV)

血液及びその血液製剤により伝達されるが、一般にはだ液、精液に含まれないとされている。
母子感染・性感染は少ない。