スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  動物管理メイン


最終更新日:2015年12月10日(木)


動物管理メイン


 

動物の愛護及び管理の業務

お知らせ

・ 「ミドリガメ等のは虫類取扱いQ&A」について 

ミドリガメを原因とする小児における重症なサルモネラ症事例を踏まえ、ミドリガメをはじめとするハ虫類の衛生的な取扱いなどに関するQ&Aが作成されました(厚生労働省ホームページ) 

・ 「動物取扱業における成猫の夜間展示規制に関する意見の募集」結果について 

動物取扱業において、成猫(生後1年以上の猫)を、休息可能な施設に自由に移動できる状態で展示を行う場合(猫カフェ等)、経過措置として午後8時から10時までは規制の適用除外となっています。この経過措置が平成28年5月31日まで延長されることについての、パブリックコメントの結果が報告されています。
(環境省のホームページ)
 

・動物愛護推進員を募集しています。

ボランティアとして、犬、猫等の動物の愛護と正しい飼い方について、道民に理解を深める活動をしてもらう方を募集してます。
一次募集は平成27年9月30日で終了しましたが、応募の受付は継続して随時行っています。

・ 外来生物法が平成17年6月1日からスタートしました。 

アライグマ、カミツキガメは特定外来生物に指定されていますので、現在飼育されている方が、継続して飼育する場合は、平成17年12月1日までに許可申請が必要になります。

(環境省のホームページ) 

・ 動物の愛護及び管理に関する法律が平成24年9月に改正されました。 

 改正法は平成25年9月1日から施行されています。(環境省のホームページ)

第一種物取扱業の登録

 

動物の販売、保管、貸出し、訓練、展示等を行う場合は、営業にあたり登録が必要です(北海道環境生活部環境局生物多様性保全課のページ)

特定動物の飼養許可 

ワニ、ワニガメなど危険動物に指定された動物を飼育するには許可が必要です 

特定移入動物の届出 

「フェレット」「プレーリードック」を飼育する場合は、届出が必要です 

新しい飼い主探し ネットワーク 

保健所で引き取りした犬、猫を新しい飼い主に譲渡する事業です 

動物由来感染症について 

エキノコックス症、鳥インフルエンザ、ウエストナイル熱などの動物由来感染症について、詳しく説明しているサイトをお知らせしています 

資料のページ 

動物に関する法律、条例、基準を記載しています 

お役立ちリンク 

動物に関する行政機関研究機関等を紹介します