スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  エゾシカの有効活用

釧路の分類: 行政・政策・税 > 地域政策

最終更新日:2016年4月04日(月)

エゾシカの有効活用

エゾシカの有効活用表紙

 エゾシカは、様々な要因によって北海道内での生息地域を拡大するとともに、その数を増加してきました。増えすぎたエゾシカは、エサを求めて畑を荒らし、樹木の皮を剥ぎ、深刻な農業・林業被害をもたらしています。また、従来の自然・森林生態系を変えてしまう怖れがあります。

エゾシカによる農林業被害額の推移など~エゾシカの保護と管理(道環境生活部環境局エゾシカ対策室)

 増えすぎたエゾシカの数を計画的に管理していくため、北海道(釧路総合振興局)では様々な対策を講じていますが、その一つとして、エゾシカを貴重な資源として有効に活用するため、関係機関や民間事業者などとともに取り組んでいます。

H17. 7 エゾシカ有効活用地域連携検討会の設置

H17. 9 札幌リンケージ・アップフェスティバルでエゾシカ肉食PR・アンケート調査を実施

H18. 1 観光地・食の魅力アップモデル事業試食会の開催

H18. 2 エゾシカ衛生管理講習会の開催

H18. 9 札幌リンケージ・アップフェスティバルでエゾシカ肉食PR・アンケート調査を実施

           札幌リンケージ・アップフェスティバル アンケート結果(平成18年9月)

H18.11 エゾシカ衛生処理マニュアル説明会の開催

H19. 3 くしろエゾシカまつり開催、事業者向けエゾシカ講座開催

H21. 3 釧路エゾシカ料理店などの紹介ページの開設、料理店マップの作成
H21. 8 民間団体の協力を得て、イベントで鹿肉チャーシューの無料配布を実施
H21. 9 エゾシカ肉を使用した料理教室を開催
H22. 4 阿寒湖の新・ご当地グルメ「阿寒やきとり丼」デビュー
H22. 8 民間団体イベントで鹿肉チャーシューの無料配布を実施
H22.10 エゾシカ肉の新たな消費拡大を図る「シカの日」キャンペーンがスタート
H23. 3 釧路短期大学・釧路市主催による「第1回くしろエゾシカシンポジウム」が開催

シカ料理の試食 エゾシカ料理教室