スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 社会福祉課 >  生活保護について


最終更新日:2012年11月21日(水)


生活保護について


○生活保護 


 

○どんな制度?

 

生活保護は、日本国憲法第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という理念に基づいて制定された生活保護法により、国民の生存権を保障する国の制度です。

詳しくは、 北海道保健福祉部福祉局福祉援護課の関係サイトをご覧ください。

 

 

 

○まずは相談

 

病気や事故、その他いろいろな事情で生活が苦しくなり、どうにもならないときがあります。

そのようなときに必要な援助を行い、再び自分自身の力で生活していけるようお手伝いするのが生活保護制度です。

 

生活保護を受けるためには、まず、お住まいの町の役場福祉担当課に相談してください。

 

 

 

○医療機関・介護機関の皆様へ

 

生活保護法による医療扶助や介護扶助は、福祉事務所長が指定された医療機関や介護機関に委託して給付する方法をとっています。

生活保護法による医療扶助や介護扶助を担当するときは、予め生活保護法による指定を受ける必要があります。また、既に指定を受けている場合でも届け出が必要なことがあります。

 

  詳しくは北海道保健福祉部福祉局福祉援護課の関係サイトをご覧下さい。