スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 釧路農業改良普及センター >  エゾシカによる食害 ~調査結果と対策事例~


最終更新日:2019年4月26日(金)

エゾシカによる食害 ~調査結果と対策事例~

 エゾシカによる牧草食害が各地で発生しており、牧草収量低下の大きな原因となっています。
 今回は、食害調査結果と対策事例について紹介します。 


1 意識調査

  はじめに現状把握のため、JAくしろ丹頂にご協力いただき、鶴居村の農業者の方にエゾシカ食害への意識調査を実施しました(回答率約50%)。 
 調査の結果、ほとんどの方が「最近牧草食害が増えている」と実感していることがわかりました(図1)。また、約80%の方が「牧草食害に困っている」と答えており(図2)、食害が村全域に広がっている様子が伺えました。

 図1

図1 意識調査結果1(n=41)

図2

図2 意識調査結果2(n=41)

2 具体的な食害状況

  平成29年にA農場の草地に食害を防ぐ1平米の防護柵を設置し、柵内と柵外の収量調査を行いました(写真1)。その結果、1番草で1.3t/10a(約40%)の食害が認められました(図3)。

写真1

写真1 防護柵と収量調査

図3

図3 収量調査結果


3 対策事例(電気柵)

 鶴居村のB農場では、電気柵導入意思決定支援シート(表1)を用いた試算結果から、電気柵の導入を決めました。
  平成30年は、新播草地2ほ場17㏊に電気柵を設置しました(写真2)。収量調査の結果、1番草は鶴居村平均収量に対して44%多く収穫できました(図4)。

表1 電気柵導入意思決定支援シート

表1

写真2

写真2 電気柵設置作業

図4

図4 1番草収量比較

4 最後に

  新播草地に設置するだけでも効果が認められたので、電気柵の導入を考えてみませんか?
  食害対策をご検討の際は、普及センターまでご相談を!


この情報は、2019年4月に中西部支所が地域の農業者向けに発出したものです。


釧路農業改良普及センタートップページ技術情報のページ