スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 釧路農業改良普及センター >  弟子屈町上仁多地区で開催!!GPSガイダンスシステム実演会

釧路の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2016年11月22日(火)

弟子屈町上仁多地区で開催!!

GPSガイダンスシステム実演会


    

  弟子屈町上仁多酪農振興会(黒野徹会長)と普及センターは10月4日、仁多交流センターで全地球方位システム(GPS)ガイダンスシステム実演会を開催し、町内酪農家や農業関係者33名が最新機器を使った草地管理について理解を深めました。 

  この日はニューホランド社の協力のもと、同センターと隣接する牧草地で、GPSを搭載したトラクター2台に試乗。参加者からは、「GPSの搭載で肥料散布の幅を今より広げられる」、「散布ムラをなくし肥料費を節減できるのでは」などの声が上がった。また、普及センター佐藤係長から「GPSの活用により1番草刈取り後の追肥を早めて、牧草の維持につなげてほしい。」とコメントされた。

1

ニューホランド社よりGPSガイダンスシステムの紹介

2 

展示ブースの様子

3

実演会は2台のデモ機で参加者が試乗

4

自動操舵システムによる正確な走行


    

                  

                            

トップへ     

 

メニューへ