スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 釧路農業改良普及センター >  “ご当地グルメ弁当”を販売しました

釧路の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2017年3月15日(水)

“ご当地グルメ弁当”を販売しました

~標茶町ご当地グルメプロジェクトの活動


    

 標茶町ご当地グルメプロジェクトは、平成28年4月に『食のつどい』で発表された「ご当地
グルメ」を多くの人に知らせ、“我が町のグルメ”として育て広げる活動を続けています

 このたび
、JR北海道釧網線で釧路-標茶間を走行する「SL冬の湿原号」の運行期間に、
駅前の空き店舗を利用して「インフォメーションカフェ“みるくっくさん”」を開設しました。

 ここで、牛乳豆腐をアレンジした“ご当地グルメ”と、町内産の牛肉や卵を活用して考案した
“ご当地グルメ弁当”を販売しました。

 併せて、店内で飲食できるように温かい飲み物も用意しました。町内はもちろん観光客との
コミュニケーションもでき、プロジェクトメンバーが自ら楽しみながらご当地グルメの紹介ができ
ました

 インフォメーションカフェ“みるくっくさん”入り口 

ご当地グルメ弁当 

  「インフォメーションカフェ“みるくっくさん”」の入り口とインフォメーションボード

       一番目立つ場所に“お弁当”と
        メンバー手作りのスイーツも販売

店内では、暖かい飲み物も販売しました   

町内の仲間による雑貨も販売    

飲食コーナーでは「どちらから、来られまし
た か?」と声をかけながら会話が弾みました

 町内在住の作家による
“小物雑貨”も人気でした


    

                  

                            

トップへ     

 

メニューへ