スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 釧路農業改良普及センター >  従業員に長く勤めてもらえるような会社づくりを考える


最終更新日:2020年2月04日(火)

従業員に長く勤めてもらえるような会社づくりを考える
~管内TMRセンター研修会(農業人材確保セミナー)~

 釧路農業改良普及センターでは平成26年度からTMRセンター研修会を開催し、法人設立や運営に関わる課題解決に向けて農業者・関係機関が市町村を越えて情報交換できるよう担い手の広域推進事項として取り組んでいます。
 令和元年7月に管内TMRセンター8法人(稼働前含む)を調査した際、「従業員が長続きしない」「募集しても問い合わせがない」との声が多く聞かれました。
 そこで令和元年度の管内TMRセンター研修会は、今まさに直面している課題である『人材確保と労務管理』をテーマとして1月21日に標茶町で開催しました。
 『人材確保面』は大手求人情報出版社より、効果的に自社の魅力を伝える方法として、求職者の心に響く求人広告の発信方法を学びました。 
 『労務管理面』は社会保険労務士より農業や異業種で発生した労災事故を例に、労務管理リスクへの備えとして農業経営者が注意すべきポイントを学びました。
 研修会にはTMRセンター関係者だけでなく従業員を抱える法人・個人の農業者・JAが多数集まり、人材をいかに呼び込み、長期間就労のために定着してもらえるような対策を一緒に考える一日になりました。

   pic01

    求人情報サイトの利用方法を質問したTMRセンター関係者

   pic02 

    休暇制度の充実に向けて思いを語る農業士 


釧路農業改良普及センタートップページ普及活動トピックスメニュー