スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 釧路農業改良普及センター >  令和元年度普及活動中間検討会


最終更新日:2019年9月17日(火)

令和元年度普及活動中間検討会

 釧路農業改良普及センターの普及活動中間検討会を9月5日に開催しました。普及センターでは年2回、中間と年度末に計画活動の実施状況について、道農政部技術普及課、酪農試験場技術普及室、釧路総合振興局農務課を交え、全職員で検討協議しています。

 午前は現地検討会として、本所重点地区(弟子屈町上仁多)で「植生改善プロジェクト」の草地と牧之瀬牧場を視察しました。牧之瀬さんは第3者継承による新規参入で平成30年に就農したばかりですが、牛舎改修や放牧管理の見直し、D型ハウスの哺育・育成舎への改造など、直面する課題を限られた条件の中で独自のアイディアにより解決していました。牧之瀬さんからは第3者継承での苦労話や普及センターの支援に感謝していること、就農した経緯、将来目標なども聞くことができました。

 午後は弟子屈公民館で、各本支所の重点課題、広域の推進事項について検討協議しました。若手職員を含め活発な質疑、意見交換が行われ、今後の普及活動につながる有意義な検討会でした。
 

     houboku

         牧之瀬牧場視察の様子(放牧地)

     kentou

               検討会の様子


釧路農業改良普及センタートップページ普及活動トピックスメニュー