スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 釧路農業改良普及センター >  だいこんのヒメダイコンバエ被害軽減に向けた普及活動


最終更新日:2019年9月24日(火)

だいこんのヒメダイコンバエ被害軽減に向けた普及活動

 JAしべちゃ(釧路町、標茶町)の「釧路ほくげん大根」は、販売額10億円を超える道内でも有数の産地です。近年、ヒメダイコンバエ幼虫による被害が拡大してきており、その防除対策が課題となっています。
 普及センターでは、道総研北見農試の支援を受け、生産者、JA、ホクレン、町と連携して防除対策の確立に取り組んでいます。
 今年度は成虫の発生予察ほを標茶町、釧路町に1ヵ所ずつ設置し、5月下旬から1週間ごとに調査して発生消長を把握しています。また、薬剤の効果確認試験も行っており、9月13日に収穫調査を実施しました。現時点では解決策を探り、活動しているところであり、継続して生産現場の課題に向き合い取り組んでいきます。

pic1

                      発生予察ほ場(黄色水盤設置状況)

pic2

                                  ハエ成虫をすくい捕り中

pic3

                   薬剤試験の収穫時調査の様子

pic4

               ハエ幼虫による被害

               

釧路農業改良普及センタートップページ普及活動トピックスメニュー