スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  「スマート農業フェア in 標茶町」を実施しました。


最終更新日:2018年8月01日(水)

「スマート農業フェア in 標茶町」の開催結果について

平成30年7月23日、標茶町で「スマート農業フェア in 標茶町」を開催しました。今回のフェアは、北海道指導農業士・農業士釧路地区連絡会議と釧路総合振興局の共催により釧路管内では初めて開催されたものです。
当日は、晴天に恵まれたことにより牧草収穫作業のため参加できないという農業者の方もいらっしゃいましたが、約70名が参加して行われました。

自動操舵トラクター試乗

(株)北海道クボタの協力の下、2台の自動操舵トラクターを使った試乗を実施しました。両方ともオートステアリングを装備しており、GPSにより自動で設定されたルートをトレースすることができます。試乗した方からは、「GPSガイダンスのみでも十分効果がありそう」「オペレーターの熟練度に左右されにくく効率がいい」などの感想が聞かれました。

自動操舵トラクター 自動操舵の様子

アシストスーツ説明・試着

オムロン(株)、(株)北海道クボタ、スマートサポート(株)の3社によるアシストスーツの説明と試着が行われました。各社ともコンセプトに違いがあり、各社ごとに独自のノウハウを活かした作りとなっており、参加者は興味深そうでした。出展者からは、酪農での要望をフィードバックしてほしいとの提案などもあり、試着は大変盛り上がりました。

アシストスーツ試着 アシストスーツを試着する近藤会長

スマート農業に関する講演

講師に北見農業試験場の山岸主任普及指導員をお招きし、「北海道におけるスマート農業の現状と期待される効果」をテーマに講演をしていただきました。GNSSガイダンスシステムと自動操舵システム、リモートセンシングを活用した様々な技術について、オホーツク管内の実例を交えて話していただきました。現在は、畑作において積極的に活用されている技術ですが、草地にも応用できそうな内容に、参加者は熱心に耳を傾けていました。

スマート農業に関する講演の様子

このページに関するお問い合わせ
釧路総合振興局 農務課 農業経営係
電話番号:0154-43-9222
FAX番号:0154-41-2128