スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  美術館・動物園から湿原へ | くしろ地域のおすすめドライブコース


最終更新日:2016年7月07日(木)


美術館・動物園から湿原へ | くしろ地域のおすすめドライブコース


ウェルカム道東道!~オールくしろドライブガイド~
くしろ8市町村の魅力(Youtubeへ移動します)
>>くしろ8市町村の魅力(Youtubeへ移動します)
白糠IC開通告知CM15秒版(Youtubeへ移動します)
>>白糠IC開通告知CM15秒版(Youtubeへ移動します)
白糠IC開通告知CM1分版(Youtubeへ移動します)
>>白糠IC開通告知CM1分版(Youtubeへ移動します)

オールくしろドライブマップを拡大表示します。
>>オールくしろドライブマップを拡大表示します。

くしろの魅力と楽しみ方
湿原の旅
タンチョウ
酪農王国
湖めぐり
シーサイド
温泉郷
キャンプ
グルメ

おすすめドライブコース
美術館・動物園から湿原へ
花の霧多布・野鳥の別寒辺牛
タンチョウに大接近
酪農王国くしろの牧場体験
見る・歩く・遊ぶ湖めぐり
楽しみいろいろ温泉三昧
爽快!シーサイドライン
食材集めて岬でキャンプ
道東道でカエル~ト


くしろの地域の情報をCHECK
くしろ魅力なび
北海道釧路総合振興局facebookページ


湿原の見方が変わる・深まる 美術館・動物園から湿原へ(日帰り/おすすめシーズン:春・夏・秋・冬)
総移動距離約80km(スタート:釧路市動物園→ゴール:細岡展望台)
湿原のある動物園 (1)釧路市動物園 【10:00~11:30】
20km(約25分)
白糠ICから約49km(55分)、阿寒ICから約12km(25分)、釧路市街地から約18km(30分)
動物園にある湿原遊歩道を歩くとスゲが盛り上がった「やちぼうず」の群生があったり、湿原の植物や野鳥などの解説が書いてあったり、気軽に湿原を楽しめます。タンチョウ、シマフクロウにも会えますよ
>>釧路市動物園

写真:釧路市動物園
写真:釧路市動物園

url

阿寒ポークやエゾシカ肉も楽しめる (2)阿寒丹頂黒和牛でランチ 【11:55~12:45】
徒歩(約5分)

温泉宿泊施設「赤いベレー」の「レストラン鶴」。地元で育った阿寒丹頂黒和牛は柔らかくてジューシー。また、エゾシカ料理や釧路名物「スパカツ」、ザンギもあり、旅行中のランチにオススメ。
>>赤いベレー レストラン鶴

写真:ステーキ

まりも国道上の休憩スポット (3)道の駅 阿寒丹頂の里 【12:50~13:05】
徒歩(約5分)

交通情報提供の他、地元のお土産を取り揃えた売店があります。阿寒国際ツルセンターが隣接。タンチョウを楽しく学べます。またJA阿寒直営の売店では地元加工品の他アイスクリームもありますよ。
>>道の駅 阿寒丹頂の里

写真:道の駅 阿寒丹頂の里

釧路湿原にある生物たちのストーリーを感じる (4)釧路湿原美術館 【13:10~14:10】
26km(約30分)

幻想的な湿原の風景を描き続けた「湿原の画家」佐々木榮松さんの作品を展示。湿原の風景画や、湿原に暮らすタンチョウ・鮭などを描いた作品からは、湿原に暮らす動物たちの命の物語を感じることができ、きっと湿原の見方が変わるはず。
>>釧路湿原美術館

写真:絵画

生い茂る草木が広大に続く (5)釧路市湿原展望台 【14:40~15:30】
36km(約50分)

資料館や売店、軽食スペースがある展望施設。3階は椅子に座って湿原を眺めたり、望遠鏡を覗いたり。屋上からは広大な湿原を一望。手前に原生林、広がる湿原、遠くに釧路市街地を見渡せます。
>>釧路市湿原展望台

写真:釧路湿原

蛇行した釧路川と釧路湿原を一望 (6)細岡展望台 【16:20~17:00】

白糠ICまで約74km(90分)、阿寒ICまで約50km(75分)、釧路市街地まで約24km(40分)
広大な湿原に蛇行した川という釧路湿原を代表する景色。遠くには雄阿寒岳、雌阿寒岳まで眺めることができます。夕刻の川面に映る夕日や、徐々に変化する空の情景は感動もの。日没時間をチェックしてね。
>>細岡展望台
写真:釧路湿原


五感で感じる大自然の息吹 湿原の旅マップ
※クリックで拡大表示します(PDFファイル)