スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  花の霧多布・水鳥の別寒辺牛 | くしろ地域のおすすめドライブコース


最終更新日:2016年7月07日(木)


花の霧多布・水鳥の別寒辺牛 | くしろ地域のおすすめドライブコース


ウェルカム道東道!~オールくしろドライブガイド~
くしろ8市町村の魅力(Youtubeへ移動します)
>>くしろ8市町村の魅力(Youtubeへ移動します)
白糠IC開通告知CM15秒版(Youtubeへ移動します)
>>白糠IC開通告知CM15秒版(Youtubeへ移動します)
白糠IC開通告知CM1分版(Youtubeへ移動します)
>>白糠IC開通告知CM1分版(Youtubeへ移動します)

オールくしろドライブマップを拡大表示します。
>>オールくしろドライブマップを拡大表示します。

くしろの魅力と楽しみ方
湿原の旅
タンチョウ
酪農王国
湖めぐり
シーサイド
温泉郷
キャンプ
グルメ

おすすめドライブコース
美術館・動物園から湿原へ
花の霧多布・野鳥の別寒辺牛
タンチョウに大接近
酪農王国くしろの牧場体験
見る・歩く・遊ぶ湖めぐり
楽しみいろいろ温泉三昧
爽快!シーサイドライン
食材集めて岬でキャンプ
道東道でカエル~ト


くしろの地域の情報をCHECK
くしろ魅力なび
北海道釧路総合振興局facebookページ


原生花園と野鳥のサンクチュアリ 花の霧多布・水鳥の別寒辺牛(日帰り/おすすめシーズン:夏・秋)
総移動距離約70km(スタート:厚岸水鳥観察館→ゴール:史跡国泰寺跡)
水鳥の集まる別寒辺牛湿原 (1)厚岸水鳥観察館 【10:00~10:30】
22km(約30分)
白糠ICから約103km(115分)、阿寒IC約79km(90分)、釧路市街地約52km(60分)
タンチョウの繁殖地、オオワシ・オジロワシの越冬地として、また、多くの水鳥が訪れることで知られる別寒辺牛湿原。水鳥観察館は湿原や水鳥の資料や、展望室があり、別寒辺牛湿原から厚岸湖まで見渡せ、絵になる風景を楽しめます。
>>厚岸水鳥観察館

写真:厚岸水鳥観察館

url

広大な湿原を眺めて思わず長居 (2)霧多布湿原センター 【11:00~11:35】
7km(約15分)

霧多布湿原を楽しむため湿原や花の情報などを提供。霧多布湿原から太平洋まで一望できる展望ホールには地場食材の食事を楽しめるカフェもあります。またセンターオリジナルの雑貨はお土産にぴったり。
>>霧多布湿原センター

写真:霧多布湿原センター

霧多布の海の幸を獲れたその日のうちに (3)新鮮な海鮮丼でランチ 【11:50~12:50】
5km(約10分)

霧多布の「寿司ひらの」は地元で仕入れたその時期美味しいものを味わえます。特選のお寿司や7〜10月には脂ののったサンマ丼、秋ごろには新鮮なサーモンいくら丼などがお手頃価格で楽しめます。
>>寿司ひらの

写真:海鮮丼

花の霧多布湿原は歩いて楽しもう (4)琵琶瀬木道 【13:00~15:00】
23km(約50分)

4月頃から開花を始め、7月〜8月に最も多種多様な花が咲き、ワタスゲの白やエゾカンゾウの黄色、ヒオウギアヤメの紫が霧多布湿原の象徴的景観を作ります。近隣のペンションなどで実施するフラワーツアーに参加すると一層楽しめます。
>>琵琶瀬木道(pdfファイル)

写真:琵琶瀬木道

断崖絶壁の海とあやめの絶景 (5)原生花園あやめヶ原 【15:50~16:20】
11km(約30分)

5〜10月には100種類以上の草花を楽しめる原生花園。海の青とあやめの紫のコントラストが素晴らしい。あやめ保護の為放牧された馬がのどかさを添えてくれます。例年6月末から7月初めにあやめ祭りが開催されます。
>>原生花園あやめヶ原

写真:原生花園あやめヶ原

北海道には珍しい江戸の面影を残す寺 (6)史跡国泰寺跡 【16:50~17:30】

白糠ICまで約102km(約120分)、阿寒ICまで約78km(95分)、釧路市街地まで約50km(65分)
文化元年(1804)に設置された蝦夷三官寺のひとつで蝦夷地における特異な歴史的役割を果たした重要な寺。また桜の名所としても有名で5月中旬から下旬には樹齢180年を超える老桜樹とともに約120本の桜が花を咲かせます。
>>史跡国泰寺跡
写真:厚岸国奉寺

五感で感じる大自然の息吹 湿原の旅マップ
※クリックで拡大表示します(PDFファイル)