スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  楽しみいろいろ温泉三昧 | くしろ地域のおすすめドライブコース


最終更新日:2016年7月07日(木)


楽しみいろいろ温泉三昧 | くしろ地域のおすすめドライブコース


ウェルカム道東道!~オールくしろドライブガイド~
くしろ8市町村の魅力(Youtubeへ移動します)
>>くしろ8市町村の魅力(Youtubeへ移動します)
白糠IC開通告知CM15秒版(Youtubeへ移動します)
>>白糠IC開通告知CM15秒版(Youtubeへ移動します)
白糠IC開通告知CM1分版(Youtubeへ移動します)
>>白糠IC開通告知CM1分版(Youtubeへ移動します)

オールくしろドライブマップを拡大表示します。
>>オールくしろドライブマップを拡大表示します。

くしろの魅力と楽しみ方
湿原の旅
タンチョウ
酪農王国
湖めぐり
シーサイド
温泉郷
キャンプ
グルメ

おすすめドライブコース
美術館・動物園から湿原へ
花の霧多布・野鳥の別寒辺牛
タンチョウに大接近
酪農王国くしろの牧場体験
見る・歩く・遊ぶ湖めぐり
楽しみいろいろ温泉三昧
爽快!シーサイドライン
食材集めて岬でキャンプ
道東道でカエル~ト


くしろの地域の情報をCHECK
くしろ魅力なび
北海道釧路総合振興局facebookページ


展望露天から足湯カフェまで 楽しみいろいろ温泉三昧(日帰り/おすすめシーズン:春・夏・秋・冬)
総移動距離約67km(スタート:阿寒湖畔エコミュージアムセンター→ゴール:川湯温泉)
阿寒湖の自然を肌で感じる (1)阿寒湖畔エコミュージアムセンター 【10:00~11:00】
徒歩(約5分)
白糠ICから約99km(105分)、阿寒ICから約46km(60分)、釧路市街地から約72km(85分)
「ボッケ遊歩道」は、湖と森の織りなす神秘的な景色と、高熱のガスと泥を常に噴き出す沼火山「ボッケ」が見られます。センターとボッケ地帯の往復は約30分、コース1周は40〜60分ほどかかります。
>>阿寒湖畔エコミュージアムセンター

写真:阿寒湖畔エコミュージアムセンター

url

阿寒湖と雄阿寒岳を眺めながら優雅なひととき (2)阿寒湖温泉で日帰り温泉 【11:05~12:05】
徒歩(約10分)

約140年前からアイヌの人々に利用され続け現在に至る、歴史ある温泉です。日帰りで気軽に入浴できる温泉もたくさんあり、中にはホテルの屋上から湖と山の景色を一望できる展望大浴場も!他にも足湯・手湯が温泉街に点在しています。
>>阿寒湖温泉旅館組合

写真:展望大浴場

足湯に浸かりながら湖の幸を堪能 (3)レイクロブスターのパスタでランチ 【12:15~13:15】
52km(約60分)

阿寒湖産のウチダザリガニ、通称「レイクロブスター」を使ったカルボナーラ「ザリボナーラ」。濃厚なザリガニのスープに白糠産のチーズを加えたソースが特徴で、道内産の小麦とも相性抜群です。
この「ザリボナーラ」を食べられるカフェ「温泉工房あかん」は、店内のテーブル席が足湯になっており、リラックスしながら食事やスイーツを楽しめるのがポイントです。

写真:ザリボナーラ
写真:温泉工房あかんの店内

雄大な屈斜路湖のそばで (4)屈斜路湖畔 露天風呂 【14:20~15:05】
7km(約10分)

屈斜路湖周辺には露天風呂や野湯を含めたくさんの温泉があり、泉質や効能、屈斜路湖の見え方まで様々です。温泉街とは一味違う静かな場所ばかりなので、ゆっくりと浸かりたい方にオススメです。
>>屈斜路湖畔 露天風呂

写真:屈斜路湖畔 露天風呂

砂を掘れば温泉が湧き出る (5)砂湯 【15:25~15:45】
8km(約10分)

自分で砂浜を掘って浴槽を作るスタイルで有名な砂湯ですが、足湯用の浴槽も設置され、休憩に適しています。隣のレストハウスで「コケモモソフト」や「ピスタチオソフト」を買って食べるのも良いですよ!
>>砂湯

写真:砂湯

湯けむりと硫黄の香りが温泉街を実感させる (6)川湯温泉 【16:00】

白糠ICまで約122km(130分)、阿寒ICまで約92km(110分)、釧路市街地まで約89km(100分)
町中に「湯の川」が流れ、たくさんの温泉、足湯が点在しています。泉質は強酸性の硫黄泉で全て源泉かけ流しです。日帰り入浴はもちろんの事、ホテルや旅館に泊まり温泉街を散策するのも良いでしょう。
>>川湯温泉
写真:釧路湿原


ほっこり!秘湯名湯めぐり 温泉郷マップ
※クリックで拡大表示します(PDFファイル)