たばこ税の手持品課税について

たばこ税の手持品課税について

 税率の変更に伴い、たばこ税の「手持品課税」が行われます。

 手持ち品課税とは、税率改正前に出荷されたたばこを、税率改正日の午前零時において、
基準数量(一般の紙巻たばこ 2万本、旧3級品 5千本)以上を在庫として持つたばこ販売業者などに対して、税率引上げ分に相当するたばこ税を課税するものです。

 税率改正の前後で生じる税負担の不公平を解消するために行われます。

カテゴリー

page top