スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  おすすめ海の幸 > 港町ブランド > 旬の魚介類 > 厚岸産 大黒しまえび


最終更新日:2019年4月19日(金)


おすすめ海の幸 > 港町ブランド > 旬の魚介類 > 厚岸産 大黒しまえび



北海道釧路総合振興局フェイスブック ツイッター
くしろ魅力なび
四季のイチオシ くしろエリアマップ

市町村地図
釧路市 釧路町
厚岸町 浜中町
標茶町 弟子屈町
鶴居村 白糠町

ご案内
お祭り・イベント 地域情報リンク サイトマップ

北海道釧路総合振興局facebookページ
道東くしろ観光ファンクラブ
釧路湿原・阿寒・摩周観光圏
ひがし北海道観光事業開発協議会

くしろ魅力なび > おすすめセレクション > おすすめ!海の幸 > 港町のブランド > 旬の魚介類
厚岸産 大黒しまえび
 大黒しまえび

■北海道でも希少なエビの資源管理
厚岸町で6月~8月に水揚げされるホッカイシマエビ(ホッカイエビ)は、北海道でも一部でしか獲れない希少なエビです。
厚岸は豊かな自然に恵まれ世界有数のアマモ場であり、このアマモ場がホッカイシマエビを育んでいます。
かつては、現在と比べ資源管理への関心が少なく、資源循環への取り組みもほとんど行われていませんでしたが、近年、資源の先細りが懸念され、平成20年から漁業者自らが操業体制を見直し、漁具の数量制限や操業期間の短縮、漁獲サイズ・出荷規格の限定などの資源管理に取り組みました。その結果、漁獲量は順調に増え続けています。
ホッカイシマエビは、漁獲後、漁業者それぞれが所有する衛生的な加工施設で浜茹でされており、鮮度維持はもちろんのこと、安全・安心な生産体制の中、出荷されています。
この資源管理の取り組みや衛生管理体制が評価され、市場には専用の冷蔵庫が設備され、荷受けからセリまでの衛生管理体制も強化されています。

ブランド化

厚岸の「冷凍浜茹で北海しまえび」には、従来、中サイズ、大サイズがありましたが、平成23年に特大サイズのみを漁業者自らが厳選する「特大」を設け、さらに平成24年には特大サイズのうち、冷凍されていないものを「大黒しまえび」としてブランド化されました。
「大黒しまえび」は1パック12尾入りで、通常の「冷凍浜茹で北海しまえび」は1匹当たり、中サイズは平均約14g、大サイズは平均約17gですが、「大黒しまえび」は1匹当たり平均約25gと特大です。


大黒しまえび 
■ビール・お酒に合う一品
厚岸で獲れる「北海しまえび」の身はギュッとしまってコリコリと歯応えがあり、その濃厚なコクと甘みは絶品です。エビ味噌も濃厚で、頭はお吸い物や味噌汁の具にするとだしが出て美味しくいただけます。
特大サイズで食べ応え十分な「大黒しまえび」は、贈り物にも最適です。


ページの先頭へ




【関連リンク】

<厚岸町>
◎厚岸町漁業協同組合直売店
住所:厚岸町港町5-3
TEL:0153-52-0117
URL:http://www.a-uroko.or.jp/

 

ページの先頭へ