スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  おすすめ海の幸 > 港町ブランド > 旬の魚介類 > 仙鳳趾産牡蠣


最終更新日:2019年4月19日(金)


おすすめ海の幸 > 港町ブランド > 旬の魚介類 > 仙鳳趾産牡蠣



北海道釧路総合振興局フェイスブック ツイッター
くしろ魅力なび
四季のイチオシ くしろエリアマップ

市町村地図
釧路市 釧路町
厚岸町 浜中町
標茶町 弟子屈町
鶴居村 白糠町

ご案内
お祭り・イベント 地域情報リンク サイトマップ

北海道釧路総合振興局facebookページ
道東くしろ観光ファンクラブ
釧路湿原・阿寒・摩周観光圏
ひがし北海道観光事業開発協議会

くしろ魅力なび > おすすめセレクション > おすすめ!海の幸 > 港町のブランド > 旬の魚介類
仙鳳趾の牡蠣
牡蠣
 

■仙鳳趾産牡蠣はどんな環境で育っている
 仙鳳趾(せんぽうし)は、釧路町の東側で、厚岸湾の西端に位置しています。
 仙鳳趾の牡蠣は、約20年前から養殖をはじめ、現在、厚岸湾のなかにある養殖施設で育てて出荷しております。
 厚岸湾のなかとはいえ、外海(太平洋)の影響を受け、潮の流れが少しきつく、そこで育った牡蠣は身の締まったプリプリとした牡蠣に育ちあがります。
 また、北海道東側は涼しい気候のため、年間を通じて水温が低いことから一年中牡蠣が食べられます。
厚岸湾

■仙鳳趾産牡蠣の特徴は・・・。

 牡蠣は、「海のミルク」といわれるほど栄養価が高い海産物です。
 特に仙鳳趾の牡蠣は、殻の大きさのわりには身が大粒で、グリコーゲンが多く、強い甘味と濃厚でコクのある味わいが特徴です。
 また、火を通しても、比較的身が縮みづらいことで知られています。


安心して食べてもらうために・・・。
 仙鳳趾の牡蠣は、安心して食べてもらうよう、水揚げ後、水揚げされた牡蠣を、紫外線殺菌海水で48時間蓄養してから出荷しています。
 また、定期的に食品検査も実施しており、衛生管理に努めて提供しています。

■どんなふうに調理して食べる?

 定番は、牡蠣そのものの味わいを感じ取れる、蒸し牡蠣や焼き牡蠣で食べることです。
 特に蒸し牡蠣は、みずみずしさもちょうど良く残って、プリプリ感を楽しめます。
また、別保公園にある「釧路町地産地消センター ロ・バザール」では、パーク・カフェで仙鳳趾産牡蠣を使ったいろいろな料理を提供しており、物販棟では殻付き牡蠣を販売しておりますので、ぜひお立ち寄りになって、一度ご賞味ください。
 ちなみに、一部の牡蠣メニューのお名前を紹介しますと・・・(せっかくなので、変わったメニューを)・・・『カキボナーラ』、『カキクリームコロッケ定食』などです。 
ロ・バザール

ページの先頭へ 



【関連リンク】

<釧路町>
◎昆布森漁業協同組合
住所:釧路町昆布森2-72
TEL:0154-63-2311
URL:http://www.konbumori.or.jp/

◎釧路町地産地消センター ロ・バザール
住所:釧路町字別保原野南24線78番6
TEL:0154-62-2216(物販棟)・0154-62-3001(パークカフェ)
URL:http://lo-bazaar.com/

ページの先頭へ