「自然の番人宣言」との連携

自然の番人宣言との連携について

『自然の番人宣言』とは

 自然の番人宣言は、釧路圏域に住む人が自ら「自然の番人」として不法投棄やポイ捨てに目を光らせ、釧路湿原国立公園、阿寒国立公園、厚岸霧多布昆布森国定公園をはじめとする貴重な自然環境を守り、次世代に引き継いでいこうとするもので、平成18年4月に全市町村が共同で制定しました。
 この宣言は道内初のもので、抑止力として法律等の罰則に求めるのではなく、勇気を持って通報する仕組みの徹底や環境教育の充実など、宣言に基づく行動計画の実施によって住民運動として定着させることを目的としており、釧路総合振興局としてもこの宣言の趣旨を支援するため、『自然の番人宣言』推進委員会(※)との連携を図っていきます。

(※)『自然の番人宣言』推進委員会は、釧路総合振興局管内の8市町村の首長で組織している団体です。その下には各市町村の担当者からなる事務局があり、令和3年度は釧路市に事務局が置かれております。
 なお、各市町村における取組については、以下のホームページからご覧下さい。

 釧路市/釧路町/厚岸町/浜中町/標茶町/弟子屈町鶴居村/白糠町

事業所・団体による賛同について

 2019年3月31日現在、釧路・根室地域でのべ458の事業所・団体が、「自然の番人宣言」の賛同団体として認定を受け、不法投棄やポイ捨てに目を光らせるとともに、地域清掃活動などの環境行動に取り組んでいます。(賛同団体のうち、釧路総合振興局のホームページ掲載のお許しを頂いた事業所・団体については、「釧根地域 環境宣言広場」に掲載しておりますので御参照ください。今後掲載してかまわないという事業所・団体の方は総合振興局あてお申し出いただきますようお願いいたします。)

 事務局では、新たに「自然の番人宣言」に賛同し、活動に参加しようとする事業所・団体を随時受け付けていますので、参加を希望される事業所・団体の方は、所在する市町村の担当部門に御連絡下さい。趣旨、日程等の調整ののち、推進委員会から認定式で賛同団体としての認定書が交付されます。

 釧路管内の市町村の「自然の番人宣言」担当部門は次のとおりです。なお、支店など市町村をまたがった複数事業所で同時に宣言される場合は総合振興局が調整しますので、お気軽に御相談下さい!

管内担当部門の一覧
市町村名 担当部門 所在地 電話番号
釧路市 市民環境部環境事業課 釧路市古川町28番地 (0154)31-4551(直通)
釧路町 総務部住民課 釧路町別保1丁目1番地 (0154)62-2119(直通)
厚岸町 環境林務課 厚岸町真栄3丁目1番地 (0153)52-3131(代表)
浜中町 町民課 浜中町湯沸445番地 (0153)62-2192(直通)
標茶町 住民課 標茶町川上4丁目2番地 (015)485-2111(代表)
弟子屈町 環境生活課 弟子屈町中央2丁目3番1号 (015)482-2934(直通)
鶴居村 住民生活課 鶴居村鶴居西1丁目1番地 (0154)64-2111(代表)
白糠町 保健福祉部町民サービス課 白糠町西1条南1丁目1番地1 (01547)2-2171(代表)
釧路総合振興局 保健環境部環境生活課 釧路市浦見2丁目2番54号 (0154)43-9153(直通)

 

第9回釧路管内「自然の番人宣言」ポスターコンクール入選者・ ポスター展のお知らせ

 ごみのポイ捨てや家庭ごみ等の不法投棄撲滅を図るため、釧路管内の小中学生を対象に「自然の番人宣言」ポスターコンクールを実施します。応募作品は令和元年9月27日(金)まで(当日消印有効)、上記の各市町村の担当課に郵送、もしくは持参して下さい。
 受賞作品の決定後、次の日程でポスター展を開催しますので、お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄り下さい。

弟子屈町:令和元年11月5日(火)~11月15日(金)
鶴居村:令和元年11月19日(火)~11月29日(金)
白糠町:令和元年12月3日(火)~12月13日(金)
釧路市:令和元年12月17日(火)~12月27日(金)
釧路町:令和2年1月7日(火)~1月17日(金)
厚岸町:令和2年1月21日(火)~1月31日(金)
浜中町:令和2年2月4日(火)~2月14日(金)
標茶町:令和2年2月18日(火)~2月28日(金)

釧路地域「自然の番人宣言」広域連携について

 他の地域に先駆けて自然の番人宣言を行った釧路・根室地域では、両地域の広域連携により、市町村や住民、事業者、団体のみなさんが協調して「自然の番人宣言」など地域の取組を啓発しています。
 また、釧路・根室地域で環境行動に取り組む企業・団体のお互いの情報交換と環境行動の率先を促進するため、地域の企業・団体の様々な取組を紹介しています。

「自然の番人宣言セカンドステージ」について

 釧路管内市町村「自然の番人宣言」推進委員会の主催で、自然の番人宣言運動の理念の再認識、更に同運動の「持続」と「拡大」を図るため「自然の番人宣言セカンドステージ」が開催されました。
 席上、ポスターコンクールの表彰式やパネルディスカッションが行われたほか、最後に管内8市町村長と出席者全員(約170名)で、「自然の番人宣言」を読み上げました。


1 日時
  平成24年1月13日(金)13時~15時30分

2 場所
  釧路全日空ホテル(芙蓉の間)

自然の番人宣言セカンドステージ

「ねむろ自然の番人宣言」調印式について

 豊かな根室振興局管内の自然環境を守るため、管内の1市4町が次のとおり、「ねむろ自然の番人宣言」の調印式が行われました。
 「ねむろ自然の番人宣言」推進委員会(委員長:長谷川 根室市長)も併せて発足しており、今後、
宣言の普及啓発等を積極的に進めていくことになっています。


1 日時
  平成20年2月1日(金)14時~15時
2 場所
  中標津町総合文化会館(しるべっと)
 

廃棄物の不法投棄等の撲滅に関する協定締結式について

 釧路支庁(現釧路総合振興局)は、管内の廃棄物の不法投棄や野焼き等の不適正処理の撲滅に向けて、事業者・団体と連携・協力することにより、その未然防止と早期発見・早期対応を行い、道民の生活環境保全を図ることを目的として、農業、林業、水産業の3団体と上記の協定を次のとおり締結しました。
 また、併せて、3団体による『自然の番人宣言』式も行われております。


1 日時
  平成19年12月14日(金)10時30分~11時

2 場所
  釧路総合振興局庁舎3階会議室

3 協定締結団体
 ・釧路地区農協組合長会 
 ・釧路地区森林組合振興会
 ・釧勝地区漁協組合長会

4 協定に基づく連携・協力内容
(1)協定締結団体の役割
  ・職員及び会員への不法投棄等撲滅に向けた啓発
  ・不法投棄等を発見した場合の釧路支庁(現釧路総合振興局)への情報提供
(2)釧路総合振興局の役割
  ・団体が行う職員及び会員への環境教育等に関する支援協力
  ・情報提供のあった違法行為に対する措置

不法投棄等撲滅協定締結式の状況

不法投棄等撲滅協定締結式の状況

自然の番人宣言式終了後の関係機関による連携強化の決意を示す握手の状況

自然の番人宣言式終了後の関係機関による握手

関連リンク

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top