おさらい!MUN

おさらい!MUN

旬報や乳検に記載されている“おなじみ”のMUNですが。今回は、その活用方法などについて再確認したいと思います。

1 乳牛のMUNとは?

MUN(Milk Urea Nitrogen)は、乳中に排出される尿素窒素の量です。

2 MUNの適正値は?

バルク乳のMUN適正範囲は、10~14mg/dℓです。
MUNの推移や、乳中のタンパク質と合わせて「採食量の変化」や「給与飼料のタンパク質と炭水化物のバランス」を判断することができます(表1)。
乳牛が飼料を飽食することは、乳牛飼養管理において重要です。また飼料中タンパク質・炭水化物のバランスは、生乳生産性や経済性に影響します。

(表1)MUNの基準(バルク乳)

3 MUNの変化へ対応するには?

(1)換気不足でMUNが上昇した事例

いつもはMUNが11くらいの牧場で、急にMUNが13になりました。(適正範囲なのですが)牧場主の方とはなすと「換気扇を止めた」とのこと。換気扇を動かすとMUNはいつもの値に戻りました。

スライド1 (JPG 92.4KB)

(2)飼料設計によるMUNの調整

粗飼料の成分が変化した際(バンカーサイロの開封など)にMUNが変化することがあります。飼料中のタンパク質と炭水化物を、配合飼料や圧ペントウモロコシ、大豆粕などの給与量で調整します。

スライド2 (JPG 84.9KB)

(3)MUNの調整で注意すること

MUNの値は、前日の飼料成分や飼養環境が反映されます。
またTMRの給与時間、集乳時間の変更により一時的にMUNが変化したと思われる事例もあります。
MUNを調整する際は、給与飼料を変更する前に、その当時の「出来事(天候や牛舎の様子など)」を振り返り、何か影響がありそうな事がなかったか確認して下さい。

JA便り10月号(MUN)写真 (JPG 16.5KB)

(令和3年9月釧路東部支所作成)

カテゴリー

釧路農業改良普及センターのカテゴリ

お問い合わせ

釧路総合振興局産業振興部釧路農業改良普及センター

〒088-2313川上郡標茶町常盤8丁目5番地

電話:
015-485-2514
Fax:
015-485-2249

page top