中学生向け酪農体験を支援

JA青年部による食育活動を支援

令和4年6月3日、鶴居村増田牧場で、鶴居村立鶴居中学校の生徒を対象とした酪農体験が開催されました。

ここでは、牛舎見学やトラクターの乗車、子牛へのほ乳が企画され、JAくしろ丹頂青年部のメンバーが中心となって進められました。

その中で、普及センターからは、「酪農家の1日の仕事」や「牛乳ができるまで」について説明を行いました。
参加した生徒の皆さんは、初めて見る生乳生産の現場や説明に興味津々の様子でした。

普及センターは、これからも地域の食育活動を支援していきます。

牛を近くで観察し、農家から説明を受けている様子

JA青年部メンバーの案内による牛舎見学

ポスターを用いて説明している様子

普及センターからの「牛乳ができるまで」の説明

カテゴリー

釧路農業改良普及センターのカテゴリ

page top