移住の流れ

 

img01.jpg

移住の流れ

移住は今までの生活や環境を変える大きな決断です。そのため、しっかりと情報を集め、相談していく必要があります。未来をもっと楽しむために。理想を実現するために。このページでは私たちの考えるよりよい移住をするための流れをひとつの例としてご紹介します。

STEP

1

家族・パートナーの思いを確認しよう

移住の最大の味方はやっぱり家族!しかし、移住を断念する理由で意外と多いのが家族の反対です。
お互いの実家との距離感や移住のタイミングなども含め、しっかりと話し合いましょう。

ill_09.png
arrow-step.png

STEP

2

移住後の生活をイメージしよう

(優先条件のリストアップ)

北海道に移住することを目的にするのではなく、その先の暮らしをどうしたいかをしっかり考えることが大切です。大自然に囲まれたい、ある程度都会がいい、家族との時間を増やしたい、こんな仕事がしたい…など、理想の暮らしは人それぞれです。
自分に合う価値観や生活スタイルはどんなものか。他人に勧められたから移住をするのではなく、自分で考えて決めることが大切です。

ill_10.png
arrow-step.png

STEP

3

情報収集をしよう

(インターネット/窓口での相談/イベント参加)

住みたい地域についての情報を集めましょう!インターネット等で情報収集したり、東京などで開催している移住相談会も活用してみてください。各市町村ごとに設置されている移住相談の窓口に直接問い合わせれば、移住に関する支援制度や地域のより詳しい情報を入手することができます。
オンライン開催も増えている移住イベントでは、移住者の声が聞けたり、複数の市町村の情報を効率よく入手できます。

ill_11.png
arrow-step.png

STEP

4

地域を体験しよう

(ちょっと暮らし体験/体験ツアー/週末・連休などを活用した現地訪問など)

パートナーや家族と共有し、一緒に現地を訪問してみましょう。観光ではなく、暮らす場所として、地域を観ることが大切です。くしろ地域の気候や雰囲気を感じ、地元の人と触れあうことで、あなたのライフスタイルに合ったリアルな生活情報も入手できます。
市町村が用意する家具・家電付きの住宅や長期滞在用施設を利用して「ちょっと暮らし」してみるのもおすすめです。
現地訪問をする場合は事前に必ず問い合わせを!

ill_12.png
arrow-step.png

STEP

5

仕事や住まいを決めよう

移住を決めたら、大切なのが仕事探しです。生活スタイル、通勤方法など、自分にあった仕事を探してみてください。仕事は就職だけではなく起業などさまざま。また、農業・酪農・漁業などの一次産業は各種窓口があるので相談しましょう。
住まいは、まず予算を割り出して、予算内で対応可能な選択肢を決定することが重要です。住まいは、新築、中古、賃貸のいずれかを選択することになります。その地域をあまり知らない暮らし始めのうちは賃貸が良いかもしれません。

ill_13.png

カテゴリー

地域政策課のカテゴリ

page top